私にとっての「朝食革命」

こんにちは、まぎーえみりーです。


c0367062_09141919.jpg


いつもはレシピをあげているのですが、
今日は珍しくただ文章を書き連ねてみようと思います003.gif
(特にだれも読んでいないのを見越して)

みなさんは、「食」の何が好きですか?
一口に「食」と言っても、料理以外にもグルメや文化とか色んな切り口があるわけで。

私はそういうの関係なしに
「食」を通して人が笑顔になるのが好きです。
「美味しい!」って感動して、それを共有したり
「美味しい!」って言われて、照れ臭くなったり。
「美味しい!」は人類・世界共通の感情ですし。
だから、私にとって「食」って
人と介して楽しむのが前提です。

でもそんな私も昔は人との食事を拒みました。

幼少期。
生まれつきマーカス・ガン病を患っていて、
咀嚼のたびにまぶたが微動します。
噛む神経とまぶたの神経がくっついてしまっているのが原因だとか。
それを食事の際に人に見られるのが嫌で嫌で。
気持ち悪がられている自覚はあるし。
気づいたら私は食事を早く済ませるために
噛まずに飲み込む癖が付いていました。

でもいつからか、これが自分なんだと。
自分を愛そうって感情が湧いてきて。
なんだかそれからは堂々といられるようになって。
「ピクピク動いてるよ」って言われても、
「そうなんだよねー、一種の病気なんだよねー」って
軽く受け流せるように。
瞬きとかウィンクとかしてるかもしれないけど、
人一倍満面の笑みで料理を「美味しい!」って楽しめている自信があるくらい。


それを乗り換えたあとは、大学生になってから。
食生活が変わってひどく体重が増えて意を決してダイエットをすることに。
そのために「食欲」という感情を捨てて。
無感情に徹して、毎日昼と夜はスムージーに。
毎週末家族と言っていた外食にも怖くて行けなくて
わざとバイトのシフトをクローズで入れたり。

おかげで7kgのダイエットに成功したのですが、
そのすぐ後に父の転勤が決まって家族と離れることに。
大好きな母の手料理も、毎週末の外食も食べられなくなって。
失って初めて、人と介する「食」の大切さに気づきました。


たしかに「食」って人を不幸することもあるかも。
太らせたりとか。
でも大概みんな食べてる時は本当にいい顔をする。
人は「食」で小さな幸せを毎日得ている。
気づいていない人も多いのだけれど。

そんな幸せを毎日、特に朝も感じられたら
きっともっと1日1日が有意義にハッピーに過ごせるはず。
そんな日々が送れるなら早起きだってへっちゃらになれる。

そうなれるように、私は「朝食革命」を起こしたいって思うようになりました。

美味しい朝ごはんは、
人に「起きたい」「食べたい」「作りたい」という感情を湧かせます。
それが無意識に早起きにつながっていく。

かつては私も起きられないタイプだったんです。
母がいくら揺すっても、ビクともしない強者ww

でも上記で述べたダイエットで自分なりに
「朝は好きな物を食べてよし!」とルールを決めていたこともあり、
朝は楽しみで楽しみで仕方なくなって

いつしか「朝よ来い!はやくはやく!」とでも言わんばかりに
毎朝6時半に目がさめるようになりました。


そんな風になれるきっかけ作りとしての「朝食革命」です。

「アニマル丼」が成功してるのかは、
まだよく分からないです。
もっといいアイデアがあるはずって
日々悩んでます…

これからも沢山の朝ごはんを生み出していくので、
見てくれる人が増えるといいなー
なんて012.gif


ではでは

まぎーえみりーでしたー
[PR]
by maggieemilie927 | 2015-08-13 09:12 | 朝食


「朝食革命」が起こしたい大学生・まぎーえみりーのレシピブログ。「アニマル丼」「ブーケファスト」「和ニーニ」などアイデア盛りだくさん!


by まぎーえみりー

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧